すずかのメモ帳

最近VRの世界に突入した人のメモ帳

Raspberry PiでL2TP/IPsecを用いたVPNを構築した際、アップデートした際にVPN接続できなくなった問題

事の発端はupdate,upgrade

「さて定期行事のサーバのアップデートを行おうか」

apt-get update
apt-get upgrade

数日後... 「VPNサーバが接続してくれないぞ!」


と前置きはこんな感じで、今回はRaspberry Piを用いたVPNサーバで接続できなくなった問題とその対処法をメモ書きに書き記します。

問題児はopenswanだった!

コマンドを用いて各種パッケージをアップグレードした際、opwnswanのバージョンは1:2.6.37-3+deb7u1になりました。

# apt-cache show openswan | grep Version
Version: 1:2.6.37-3+deb7u1

このバージョンにどうもバグがあるみたいでした。海外フォーラムさすが。

対処法

opwnswanをダウングレードすればいいじゃない!

# curl -O "http://snapshot.raspbian.org/201403301125/raspbian/pool/main/o/openswan/openswan_2.6.37-3_armhf.deb"
# sudo dpkg -i openswan_2.6.37-3_armhf.deb
# apt-cache show openswan | grep Version
Version: 1:2.6.37-3+deb7u1
Version: 1:2.6.37-3 ←これがあればOK

ってことで、1:2.6.37-3+deb7u1から1:2.6.37-3にした結果、問題なく接続できました。やったね!