すずかのメモ帳

最近VRの世界に突入した人のメモ帳

CentOS6.6でMySQL5.6からMariaDB10.1.4にアップデートした話

CentOS6.6でMySQL5.6からMariaDB10.1.4にアップデートした話

事の発端はMySQL5.6とmariaDB10.1.4でレプリケーション関係を築くのがむず痒かったため、MySQLMariaDBにアップデートしようというお話

DBサーバを停止するので問題がないタイミング&時間があるときに行いましょう

Pathは各自の環境で異なるので確認してからコピペしてください!!

環境

CentOS6.6 MySQL5.6

DBサーバの停止と現状のバックアップ

サーバの停止

service mysqld stop

設定とデータのバックアップ

cp /etc/my.cnf ~/my.cnf.mysql.bkup
cp -r /var/lib/mysql ~/mysql.bkup

MySQLのアンインストールとMariaDBのインストール

MySQLクライアントとサーバのアンインストール

yum remove mysql mysql-server mysql-common mysql-libs

MariaDBリポジトリの追加

vim /etc/yum.repos.d/mariadb.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1.4/centos6-x86 
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1
enabled=1

URLが404 NotFoundの場合、http://yum.mariadb.org/ にいって適時修正してください。

インストール

yum install MariaDB-devel MariaDB-client MariaDB-server

起動確認とデータのアップグレード

起動

service mysql start

Starting MySQL... SUCCESS!と出ればOK

データのアップグレード

mysql_upgrade -uroot -p

パスワードを入力したらいろいろログ流れるので、最後にOKと出れば完了です。

MariaDBにログイン、バージョン確認

MariaDB [(none)]> select version();
+----------------------+
| version()            |
+----------------------+
| 10.1.4-MariaDB-wsrep |
+----------------------+
1 row in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> exit

InnoDB高速化プラグインhandlersocketのインストール

なんかデータベースエンジンの性能を限界まで引き出してくれるらしいです。詳しく知りたかったら調べてみよう!

# mysql -uroot -p
Password: 

MariaDB [(none)]> INSTALL PLUGIN handlersocket SONAME 'handlersocket.so';